車検工場の種類

illust_02

整備工場は2種類

自動車整備工場には、認証整備工場と指定整備工場があります。
指定整備工場と認証整備工場は両方とも国から自動車を整備することを認められた工場ですので、車の点検整備をすることができます。異なる点は検査方法です。

認証整備工場

nintei

認証整備工場とは言葉の通り、陸運局から認証を得た工場のことを言います。整備士や工場・整備等の一定の基準を満たした工場です。

工場内で整備を行い、陸運局に車両を持ち込み、陸運局内の車検ラインで合格する必要があります。
なお、認証工場では、左の様式の標識を見易い場所に掲げてあります。

指定整備工場

shitei

指定整備工場とは、陸運局にある車検ラインと同等の整備を持ち、陸運局に車両を持ち込まなくても継続車検を受けることが出来る整備工場のことを言います。一般的には民間車検場と呼ばれます。

こうした指定工場であれば、土日でも継続車検を受けられます。新車検証が出来上がるまでは、保安適合証を発行でき、新車検証が出来上がるまではそれで運行が可能です。 なお、指定工場も左の様式の標識を見易いように掲げています。

指定工場と認定工場はどちらがいいの?

整備工場

民間の整備工場が指定工場と認定されるためには、国の厳しい認定基準に合格しなければなりません。
そのため指定工場は、国からの厳しい認定基準をクリアするために、高い検査機器を設備したり、国家資格者(国家整備士)を揃えたりしています。
そういった面から考えると、指定工場の方が点検整備をしっかり行うという見方もできます。
しかし認定工場でもしっかりしているところはありますから、要は企業方針であったり、働く整備士の腕次第というところもあります。
結果的にいうと、どちらがいいとは一概には言えませんが、指定工場の方が少しだけ安心かな?という程度です。

ページトップへ