車検の費用は?

illust_03

いくら位かかるの?

車検は、新車を購入する際にも受け、維持するためにも2年ごとに受けなければなりません。
実際にどれくらいの費用がかかるかをご紹介します。

車検の料金は、法定費用・点検基本料金に加え、お車の状態によって必要となる費用がかかります。

法定費用

法定費用は、自陪責保険料・重量税・検査登録印紙代のことで、車検を受ける際に必ず支払わなければならない法律で定められた費用です。 法定費用を諸費用と呼ぶ場合もあります。
費用の内訳は以下の表の通りとなっています。

軽自動車 乗用車(定員10人以下)
車輌重量 軽クラス 0.5t~1t以下 ~1.5t以下 ~2t以下 ~2.5t以下
重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,000円
自賠責
保険料
26,370円 27,840円 27,840円 27,840円 27,840円
検査登録
印紙代
1,100円〜 1,100円〜 1,100円〜 1,100円〜 1,100円〜
合計 34,070円〜 45,340円〜 53,540円〜 61,740円〜 69,940円〜

※重量税については2012年5月1日現在の税率です。
※タイプ・仕様により重量が異なります。
※初度登録(初度検査)から13年、18年経過車は価格が異なります。
※上記金額は初度登録からの経過年数が13年未満の車両の一例で、減税対象車を除きます。車種により価格が異なる場合がございますので、詳しくは販売会社にお問い合わせください。

点検基本料金・整備費用

price_a

点検基本料金は、基本的に24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などで構成されており、料金体系は各店舗によって異なります。

車検を受けるだけなら法定費用を払うだけで済みます。もちろん、特に問題がなければそれで車検に合格することもあります。ただ、車検というのはあくまでも検査を受けた時点で保安基準に適合していることを確認するだけのものです。その後の2年間をトラブルなく乗り続けられることを保証するものではないので、きちんと整備をしておく必要があります。

どこに依頼するか、またクルマの種類や整備が必要な箇所によっても金額は変わってきます。普通車であれば、10~15万円程度は車検費用として考えておくとよいでしょう。

ページトップへ