車検とは?

車検

車検とは、正しくは車両検査といい、道路運送車両法で定められているクルマの定期検査のことです。

新車を購入したとしても、2~3年目になると、知らず知らずのうちに、クルマ内部には多くの支障部分が出てくることがあります。
自動車を安全で、公害をもたらさない状態に維持しておくことは、使用者の社会的責務といえます。そこで道路運送車両法で定めた、「道路運送車両の保安基準」にクルマが適合しているかを検査するのが「車検」という制度です。

車検にはいくらかかるの?

車検は、新車を購入する際にも受け、維持するためにも2年ごとに受けなければなりません。車検の料金を図解すると、下記のようになります。

車検基本料
主に車検代行料・予備検査料・事務手数料・診断料等が含まれます。
+
法定費用
自賠責保険+重量税+印紙代。車種によって異なります。
+
修理・整備代
車検に通すための部品の交換・修理。

車検とは?

車検に通す時には、さまざまな書類が必要となります。
まず、下記の書類があるかどうかを確認してください。

1.自動車検査証(車検証)

車検

車を運行するための必要事項が記載されており、車の身分証明書ともいえる大切な書類です。自動車検査証は常に車に備え付けていなければなりません。紛失した場合はナンバーと同じ所轄の車検場(陸運支局または自動車検査登録事務所)に行き、再発行の手続きをしてください。

2.自動車税納税証明書

車検

自動車税とは原則として、4月1日現在の車の所有者に課税される税金の事です。ローンで購入した場合など、所有権がディーラー等にある場合には、課税対象は買い主である使用者になります。5月末日までに金融機関で納税を済ました場合、その時受け取った半券が納税証明書となりますので車検証と一緒に大事に保管しておきましょう。

3.自賠責保険証

車検

クルマ購入時に必ず加入する「自賠責保険=強制保険」の事です。任意保険と勘違いされている方もいるようなので注意しましょう。紛失した場合は契約している保険代理店で再発行をうけます。

ページトップ